Skip to content

New Relic

収集可能なイベント

New Relic が提供する Workflows の機能を利用して以下の各種イベントログを srest に送信できます。

イベントタイプイベントの概要
Activatedイシューの状態が CREATED -> ACTIVATED に更新された時
Closedイシューが閉じられた時
Priority changedイシューの優先度が変更された時
Other updatesイシューが閉じられた時、解決した時、他のイシューがマージされた時など

設定手順

  1. [プロダクト設定] ページに遷移した後、左のナビゲーションメニューから [インテグレーション] を選択します。

  2. インテグレーション画面に [New Relic] のメニューが表示されているので、[設定] ボタンをクリックします。

    インテグレーションメニュー

  3. [設定] ボタンをクリックするとダイアログが表示されますので、New Relic の API キーとアカウント ID を入力して [連携する] ボタンをクリックします。

    ダイアログ

    使用する API キーは type が [User] もしくは [Service Account] のものを使用してください。

    API Keys

  4. New Relic のメニューの右上に [接続済み] という表示が出れば連携完了です。

    連携完了

通知テスト

  1. New Relic の左側のナビゲーションメニューから [Alerts & AI] -> [Workflows] の順で選択します。

  2. [Workflows] の一覧の中の [production_new_relic_srest_workflow_***] と記載されている行をクリックします。

  3. Workflow の詳細が表示されますので、[Notify] メニュー下の [AWS EventBridge] の部分をクリックします。

    New Relic Workflow

  4. テスト送信する内容が表示されますので、内容を確認後に [Send test notification] をクリックします。

    テスト通知送信

  5. srest のダッシュボード画面の左ナビゲーションメニューから [New Relic] を開きます。

  6. 送信が成功すると、[アラート一覧] に送信したイベントログが表示されます。

連携の解除

  1. [プロダクト設定] ページに遷移した後、左のナビゲーションメニューから [インテグレーション] を選択します。

  2. インテグレーション画面の、右上に [接続済み] の表示が出ている状態の [New Relic] メニューの [設定] ボタンをクリックします。

    連携済NewRelic

  3. ダイアログが開くので、[連携解除] ボタンをクリックします。

    連携解除

  4. 確認メッセージが表示されますので [OK] をクリックします。

    確認ダイアログ

  5. [New Relic] メニュー右上の [接続済み] の表示が消えれば連携解除が完了です。

    連携解除完了